このページの本文へ移動

改修・入居への経済的支援 

最終更新日:令和4(2022)年4月1日


登録協力補助(登録協力報奨金)※専用住宅のみ(令和4年度事業規模200戸)

 不動産事業者からの貸主への働きかけにより、空き家等が専用住宅に新たに登録された場合に、当該貸主及び事業者にそれぞれ1戸当たり5万円の報奨金を交付します。

(1)主な要件

  • ・高齢者、障害者、子育て世帯、低額所得者のいずれかを受け入れる専用住宅として登録すること
  • ・空き家又は空き室であること(※交付申請時点で確認します。)
  • ・交付決定の日から10年間、専用住宅としての登録を維持すること
  • ・事業者が申請する場合は、東京都居住支援協議会の構成員である不動産関係団体に属すること

(2)申請の手続き

■空き家等の所有者の方向け(自主管理物件用)

画像01

■管理業務等の委託を受けている不動産事業者の方向け(委託管理物件用)

画像02

(3)申請書類等

【交付申請時に必要な書類】

  ■空き家等の所有者の方向け(自主管理物件用)
  ■管理業務等の委託を受けている不動産事業者の方向け(委託管理物件用)

【請求時に必要な書類】

(4)その他

 ①「東京都住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅登録協力報奨金交付要綱」pdfファイル246KB)
 ② 登録協力報奨金に関するQ&Apdfファイル570KB)

見守り機器設置費等補助 ※専用住宅でなくとも可(令和4年度事業規模100戸)

 東京ささエール住宅に設置する見守り機器の購入費及び取付費の1/2を貸主に対して補助します(上限1戸当たり3万円)。

(1)主な要件

  • ・高齢者を受け入れる東京ささエール住宅に機器を設置すること
  • ・センサーや通信機能を備え、高齢者の居室内での安否を常時把握可能な機器であること 等
~IoTを活用した見守り機器の例~
IoTを活用した見守り機器の例

(2)補助金交付までのフロー

補助金交付までのフロー

(3)申請書類等

①交付申請時に必要な書類

②実績報告時に必要な書類

③請求時に必要な書類

その他様式

(4)その他

「東京都住宅確保要配慮者円滑入居賃貸住宅見守り機器設置費等補助金交付要綱」pdfファイル278KB)
「見守り機器設置費等補助に関する Q&A」pdfファイル516KB)



【申請・問合せ先】

  ■申請書類等の提出先及び補助制度に関する問い合わせ先
   公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンター
   住所:〒160-8353 新宿区西新宿7-7-30 小田急西新宿O-PLACE3階
   電話:03-5989-1791
  ■住宅セーフティネット制度に関する問い合わせ先
   民間住宅部 安心居住推進課 住宅セーフティネット担当
   電話:03-5388-3320(直通)