このページの本文へ移動

高齢者いきいき住宅先導事業

最終更新日:令和6(2024)年6月14日

高齢者いきいき住宅先導事業とは

 高齢者に適した住宅の新たな認定制度(高齢者いきいき住宅認定制度)の構築に向けて、元気で自立した高齢者向けの先導的な民間賃貸住宅を整備する取組を募集し、採択した住宅の整備費を補助する事業です。

1 取組イメージ

(1)目指す住まいと住環境
・単身高齢世帯の増加や健康寿命の延伸を踏まえ、元気な高齢者の多様化するニーズに応える住まい
・高齢者が人々のつながりの中で居場所を見出し、安心して自分らしく暮らし続けることができる住環境

(2)取組例
✔高齢者の安心で快適な住生活に配慮された設備・デザイン

・IoTを活用した見守り設備
・バリアフリー・断熱性能、腰掛付きの玄関など、快適に動きやすい住宅の設備
・プライバシーと孤立の防止に配慮された住宅のレイアウト など
✔コミュニティづくりのための交流機会を創出する仕掛け
・廊下のベンチやコミュニティスペースなど、交流しやすい共用部のレイアウト
・隣接するカフェや1階に併設されたレストランなど、居住者同士に加えて地域との交流が生まれる交流の場
・高齢者のみならず多世代の共同居住や交流を通じたコミュニティの活性化 など
✔サービスを選択できる機会の充実
・訪問健診サービス等、元気な高齢者が長く在宅で暮らせるための備え など 

2 補助概要

【採択件数】       3件(10戸、20戸、30戸の3モデルを予定) 

【補助対象事業】     民間事業者等が、元気で自立した高齢者が安心して快適に自分らしく暮らせる
住宅及び交流促進施設の新築または改修
※補助対象事業となる住宅には要件がありますので、募集要項をご確認ください。

          

【補助率】        新築:整備費の1/5以内 改修:整備費の1/2以内

【補助上限額】      住宅:200万円/戸 交流促進施設:500万円

【補助対象事業の期間】 令和6年度~7年度(最大2年間)

3 スケジュール・応募方法

【募集受付期間】 令和6年5月17日(金)から令和6年6月28日(金)まで
【応募方法】   募集要項を参照の上、応募書類を郵送またはメールにてご提出ください。
※郵送により応募した場合、郵送した旨をメールで御連絡ください。
【送付先】
〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第二本庁舎13階
      東京都住宅政策本部民間住宅部安心居住推進課高齢者事業担当
【メールアドレス】
S1090502(at)section.metro.tokyo.jp
※最初のSの後ろの1090102は全て数字です。迷惑メール対策のため、メールアドレスの
表記を変更しております。お手数ですが(at)を@に置き換えてご利用ください。

※書類審査とプレゼンテーションに基づく審査・選定は有識者等による事業者選定委員会において行います。

4 募集要項等

5 質問と回答

高齢者いきいき住宅先導事業に関していただいた質問のうち、全体に共通するご質問について別添のとおり回答いたします。
応募の際の参考としてください。

  • 高齢者いきいき住宅先導事業 質問と回答PDFファイル679KB)
  • お問い合わせ先

    民間住宅部 安心居住推進課 高齢者事業担当
    メール S1090502(at)section.metro.tokyo.jp
    ※送信の際は、(at)を@に変換して下さい
    直通 03-5320-4967