このページの本文へ移動

東京空き家ガイドブック

最終更新日:令和4(2022)年3月17日

 東京都は、空き家の発生抑制や有効活用などを促進する観点から「東京空き家ガイドブック2019(令和元年10月発行)」を改訂し、最新の情報を盛り込んだ「東京空き家ガイドブック2022」を作成しました。
 本ガイドブックでは、空き家の具体的な相談・解決事例を多く取り上げ、紹介するとともに、空き家の他用途への活用事例などを新たに盛り込んでいます。

1 「東京空き家ガイドブック2022」の構成

 空き家の「問題点」を明らかにした上で、「適正管理」、「有効活用」、「発生抑制(予防)」の3つのテーマで、制度や取組を紹介し、同テーマに対応した解決事例や相談先を併せて掲載しています。

※平成31年3月 第1刷発行
 令和元年10月 第2刷発行
 令和4年3月  第3刷発行

主な掲載内容
  • 空き家放置の問題点
  • 空き家の適正な管理
  • 空き家の有効活用
  • 空き家の予防について
  • 空き家の相談事例集
主な事例
  • 施設入居中の自宅や相続に関する相談事例
  • 予期せず空き家の所有者になった場合の管理事例
  • 自分に一番適した利活用の方法が分からない方の事例
  • 道路に接しておらず建替えができない場合の売却事例

2 閲覧方法

 下記からダウンロードしていただくほか、「4 配布場所」に記載の各窓口にて無料配布しております。是非ご覧ください。
 ※なお、冊子サイズは A5 判ですので、印刷の際の設定につきましてはご注意ください。

一括ダウンロード

「東京空き家ガイドブック2022」(全ページ)(8.31MB)

分割してダウンロード

3 配布開始日

 令和4年3月17日(木曜日)

4 配布場所

 都庁第一本庁舎・第二本庁舎受付窓口、都民情報ルーム、都内の各区市町村窓口、都と協定締結する専門家団体(※1)、東京都普及啓発・相談事業事業者(※2)窓口及び各区市町村社会福祉協議会にて配布

 ※1 都と協定締結する専門家団体について(本編p.87~88参照)
 ※2 東京都普及啓発・相談事業事業者について(本編p.88参照)


お問合せ先
民間住宅部 計画課 空き家施策企画担当
(直通)03-5320-5148