このページの本文へ移動

高齢者にやさしい住宅とは?

高齢者の事故のうち約8割が住宅内で発生しています。年齢を重ねると、これまで気にならなかった住宅内の段差が負担となるほか、見守りや身の回りの生活支援サービスの有無が住みやすさに関わってきます。こうした高齢者にやさしい住宅を公表する制度があります。自分らしく元気に安心して生活できる住まいの実現に、是非ご活用ください。

サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度
サービス付き高齢者向け住宅説明イラスト

高齢者が安心して生活することができる住まいを整備することにより、高齢者の居住の安定を確保することを目的とした制度です。バリアフリー構造等を有し、安否確認サービス、生活相談サービス等を提供する賃貸住宅等を登録し、その情報を広く提供するものです。

住宅セーフティネット制度
(東京ささエール住宅・居住支援法人)

『ささエール住宅』は、高齢者子育て世帯など住宅の確保に配慮が必要な方の入居を拒まない住宅として都内で登録された民間の賃貸住宅です。登録された住宅は国の専用WEBサイトで検索できます。また、『居住支援法人』は、住まいにお困りの方に対するサポートを行っています。